チャイルド・ケアライセンスはどんな資格?

by author



近年、産後うつや児童虐待、育児放棄(ネグレクト)といった育児中の女性の心身の不調が原因と考えられる深刻な問題がニュースで取り上げられることが増えています。こうした問題を回避するために育児中の心と体を安定させながら、子どもとともにお母さんも一緒に成長していこうという理念に基づいて考えだされたのが、「チャイルド・ケア」です。



チャイルド・ケアは、日本アロマコーディネーター協会(JAA)が提唱する育児中の親子の心と体のケアを行なう実戦的な方法で、具体的にはアロマセラピー、ハーブティー、ベビーマッサージ、タッチセラピー、フットケアなどを取り入れたケアを行ないます。

Yahoo!知恵袋の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

チャイルド・ケアは、JAAが開設しているホームワーク講座、JAAが認定するチャイルド・ケアの加盟校での通学講座・eラーニング講座などを受講することで学ぶことができます。そして、こうした講座を修了した人を対象として「チャイルド・ケアライセンス」の取得できるチャイルド・ケア認定試験を実施しています。

チャイルド・ケアライセンスは、「チャイルド・ケアコーディネーター」と「チャイルド・ケアインストラクター」の2種類があります。チャイルド・ケアコーディネーターはホームワーク講座の修了とチャイルド・ケアライセンス試験のみで取得できる資格で、合格すると地域ボランティアやカルチャーセンターなどでチャイルド・ケアの講習会を開くことも可能です。

また、チャイルド・ケアインストラクターは、JAAが指定した講習会を受講した後にチャイルド・ケアライセンス試験を受けて合格することで取得できます。

よく利用されているチャイルド・ケアライセンスの受験資格情報に精通したサイトです。

合格するとチャイルド・ケアのプロ講師の道へと進めます。

なお、現在ではチャイルド・ケアライセンスは産婦人科の看護師が患者さんのメンタルサポートに活かすために取得する例も増えており、医療関係の仕事のスキルアップにもお勧めの資格といえるでしょう。